両親は納得のいく説明が得られなかったとして、今年2月に大津市に検証委員会の設置を求めた。

 大津市内の私立保育園で2014年7月、昼寝中の男児=当時(4)=が嘔吐(おうと)物をのどに詰まらせて窒息死していたことが8日までに分かった。園側は安全管理態勢に問題はなかったとするが、保護者は園側の説明は不十分として真相解明を大津市に要望。

既往歴から痙攣による嘔吐と判断されたのなら、家で寝ていても同じことが起こったかも知れないということなのかな。4歳、こんなに大きくなっててもこういうことがあるんだね。親は辛いと思うが、これは保育園がすべて悪いとは言えないかも知れないね。4歳児でも窒息死するんだな。園の管理もだけど、親も体調が悪いのに無理して預けてなかったか調べないとね。親御さんの悔しい気持ちはわかるけど、これは本当に運が悪かったとしか。。
昼寝中まで片時も目を離さず、保育士に見張らせるのは酷でしょう。多くの子供を預かっている施設なんですし。不幸な事故だとは思いますが、これは避けられない事故だったと思います。既往歴があったのなら尚更、そんな子供を注意深く見れるのは親だけだと思います。気の毒ですが、預けるのならリスクも覚悟しないといけないでしょうね。いちいち罪に問われたら誰も預かれなくなる保育園だけの責任とは言いにくい……