講演するのは、極右政治団体「日本第一党」最高顧問で人種差別・排外主義を唱える瀬戸弘幸氏。

【時代の正体取材班=石橋 学】川崎市人権男女・共同参画室は「ヘイトスピーチ、許さない。」と宣言する啓発ポスターの掲示を同市中原区の武蔵小杉駅で始めた。駅近くの市総合自治会館で25日、在日コリアンの排斥を叫ぶヘイトデモに参加してきた人物の講演会が開かれることから「啓発が必要だと判断した」と話している。

「啓発が必要だ」ってあからさまに上から目線ですね。この手のことを言う人たちは常にこんな感じ。ここは何処だ?日本なんですけど!本当は日本へのヘイトは許さないが正しいんじゃないか!
外国人犯罪を許さない。ヘイトじゃないですよね?やればやるほど嫌われるって何で気がつかないのだろうか神奈川新聞は、神奈川県民として恥ずかしい限りです。廃刊してほしい。そんなポスター貼るのも、ヘイトなのでは?これでは反感かって逆効果では?
お気楽にヘイト許さんと言うね。ヘイトの根本は嫌い、許さないとの気持ちであろう。ヘイト許さんもヘイトの一種と思うが皆さんどう思うか?何故日本に居るのですか? 出て言って頂ければヘイトも無くなりますよ?つまりは、『自分と違う意見は許さん。ヘイトスピーチだ。』とのこと。ガチガチの言論弾圧。現在進行形のファシズム。本当に情けない。
どこに向けられる?を落書きしたくなるわ偏見でなく、史実に基づいた事実ですよ。神奈川新聞は極左すぎて問題ありですね。