小久保監督は選手へ「敗戦は監督の責任。

 「WBC・準決勝、日本1-2米国」(21日、ロサンゼルス)  WBC日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)、準決勝で米国に1-2で今大会初黒星を喫し、2大会連続で決勝進出を逃した。世界一奪還の悲願を果たせず、2013年から代表監督を務めてきた小久保裕紀監督(45)は試合後に退任の意向を表明した。

当所代表に呼びたかった選手がそれほど集まらない中、チーム一丸となって戦えたのは監督の力が大きく影響していたと思います。本当にお疲れ様でした。負けてく悔しいけど侍はよく頑張ったと思うし労いたい。
結果は残念だったけど十分に楽しませてくれたと思います。お疲れ様でした。最後まで選手を守り、監督経験もなく辛い時期もあったと思いますがこの精鋭をここまでチームとしてまとめあげ、すごいです。お疲れ様でした。
厳しい批判の中、良くここまで選手を引っ張ってくれたそれだけでも十分素晴らしい事選手たちを最大限まとめたと思います小久保監督、お疲れ様でしたゆっくり休んでくださいミスを言ってたらキリない相手がミスして勝った試合もあるそれより楽しませてくれたことに感謝!
大谷投手や青木選手以外のメジャー組がいなくてもここまでやれるんだという日本の実力を世界に見せつける事が出来た素晴らしい大会だったと思います。選手の皆さん、小久保監督、コーチの方々、関係者の方々本当にお疲れ様でした!感動をありがとうございました!小久保監督の潤んだ目を見たら私も泣きそうになりました。