「クリスチャン ルブタン」の最新作を一挙公開“ルブタン”といえばまず憧れるのが、プレーンなパテントヒール。

1992年、パリのルーブル美術館近くのアーケード街にブティックをオープンしたのが「クリスチャン ルブタン」の始まり。デザイナーのクリスチャン・ルブタン氏は、もともとパリのミュージックホール「フォリー・ベルジェール」でショーガールの靴を手がけていたことから、見栄えへのこだわりは人一倍。

てかなんでハイヒール吐くの?メリット何?なにそれ大門ミチコの靴。ルブタンを履きこなせたら、カッコイイけど、私はスニーカーでいいや。写真の靴を履いての階段の上り下りの動画が見たい。エレガント?・
ヒールもコルセットもブラジャーも発明したのは男性なんだよね。綺麗に見える(見せる努力で必死にもなる)が負担は半端ない。自分で苦痛を何故試さなかった。ここのヒールはdoor-to-doorでもキツイ。本当に靴は美しいんだけど、それ相応の歩き方が難しい。
若い時はヒールをよく履きましたが もう疲れるし足は痛くなるし 見た目より履きやすさ 楽な靴を 選ぶ様になり今はヒールは 一つも持ってません!ナイキなどのスニーカーが 1番楽です(笑)こういうヒールばかり履いてると、足が変形するだけでなく全身が歪む。そんな事よりも素の時の方が大事では?
すごいわかる。ルブタンは、足が太くても足首がキュッと細く見えるんだよ。服が安めでも、足元をルブタンにするだけで、不思議と全体がしまる。高くても人気があるのには、それだけの理由があるんだよ。