無死三塁としたところで、5番・中田が中前に適時打を運び、勝ち越しに成功する。

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で決勝ラウンドまで勝ち進んだ野球日本代表「侍ジャパン」は19日(日本時間20日)、アリゾナ州グレンデールでドジャースと練習試合で対戦。2-3で9回逆転サヨナラ負けを喫し、決勝ラウンドに向けて最後の練習試合を勝利で飾れなかった。

誰を使うべきでないかがハッキリした2試合の練習。そう、全ては上手くいっている。松井、藤浪はもう出番は無いね。お疲れ様でした。
小久保監督と権藤さんもある程度想定内だろう松井に8回投げさせてたら9回裏が無くなっちゃうことを見越して牧田を8回に使ったんだろうし。前々回でマー君、前回で中田を呼んだように今回の松井は先行投資。ここで松井病が出た(笑)松井は四球2つからの1安打ワンヒットで2点サヨナラ負けとかちょっとつらいあらら…練習試合にはなかなか勝てないね。ただ本番に向けていろいろ収穫はあったかな?
やっぱり松井は厳しそう。本番はラスト牧田だろうけど、勝つとしたらこんな展開かもね。打ち合いは何となく歩が悪そうだし。投手はやはり制球力がないと厳しい。事前の試合で負けるのは優勝するってフラグだと考えよ。
投手陣に不安が残る試合でしたねしかしそんなことを言っても始まらないので応援するのみです。熱い試合を観たい!勝っても負けても頑張れ日本!!(できれば勝って)