3社が同じビル内で配達するのは効率が悪いため、1社が他社の荷物も預かり、一括して届ける。

 インターネット通販の普及で宅配便が急増している問題で、宅配便最大手のヤマト運輸は業界2位の佐川急便、3位の日本郵便と連携し、首都圏の高層ビルなどで3社の荷物を1社に集約して配る取り組みを強化する。3社が同じビル内で配達するのは効率が悪いため、1社が他社の荷物も預かり、一括して届ける。

これで少しでもドライバーの負担が軽減できればいいが数百円の本に送料が掛からないならそりゃ配送も増えるわな。色々試してみるのは良い事。
会社に複数の宅配業者が荷物を持ってくるけど、たしかに一括ならドライバーさんの負担は軽減できそう。これ 配送事故(中身が壊れたなど)があった場合、どこの社が責任負うのかな??ヤマトが佐川を扱うのはいいが、逆はやめてくれ~。
少しでも話が進んでいるってことは、ヤマトだけではなく他の大手2社も同じような事情を抱えているということ。ヤマトが大手通販との契約打ち切っても他の運送会社があるから意味がないとか意見があったけど、シェア上位3社が同じような事情を抱えているなら価格交渉面でも良い結果が出そう。もう、ライバルとか言ってられない
ドライバーさんの負担が軽くなるのは非常に良いことかと思いますが、もし受け取った商品が破損していたりした時に、連絡先をたらい回しにされたり、お互いの会社(ドライバーさん)間で責任を押し付けあったり…と言うことのないようにお願いします。