同社はドライバーの負担感が増す原因となっている再配達の有料化も検討。

 ヤマト運輸が、個人向けを含め宅配便の基本運賃を27年ぶりに本格値上げする方向で検討に入った。背景には、インターネット通販の普及などに伴い、宅配便の取扱量は増加傾向が続く一方、少子高齢化の影響もあり、ドライバー不足が深刻化していることがある。

値上げ、再配達の有料化は良いと思う。ただし、時間帯指定できない場合は二回目から等配慮が欲しいが…さらにオペレーションが複雑になって配達の方が辛いか。
まず指定日配達の再配達は大幅値上げでいいと思います。指定日にいないなんて最低。中元・歳暮やプレゼントなどの贈り物を受けとる側がお金を出して受け取るって言うのはなんだかなぁ。もっと他の方法で検討してほしい。
遅いと思います。何故もっと早くに検討しなかったのか不思議でなりません。運転手は、小使いじゃ無いんですよ。
値上げはある程度仕方がないことだと思います。ただ、ヤマト運輸等の物流業者が疲弊している一番の原因は、アマゾンや楽天などのEC物流量が増えたことなのだから、一律に全体値上げをするのではなく、まずは大口取引の契約価格の見直しを推し進めるのが先決だと思います。大賛成です。それで配達員の待遇改善をお願いします。ぬるま湯に浸かりきった我々に、きつ~い冷水が降りかかってきそうだななぁ。反省しなきゃ