1つの恒星の周囲を、この種の惑星が、これほどの数で周回していることが発見されたのは初めてのことだ。

いずれ人類が降り立つことに…?NASAが予告していた、太陽系外惑星に関する重大発表会見では、地球から39光年先に輝く赤色矮星「TRAPPIST-1」の周りを、なんと7個もの地球に似た惑星が周回していると明らかにされました。

生き物は…居るんだろうなぁ。次は文明、これは大変。ヤマト、発進。39光年も離れた星まで行けるようになるよりも前に、人類は滅亡するだろう。。。宇宙空間に、水も生物もわんさか居てる。
俺が生きてる間に行くことはなさそうだな。逆に地球だけに生命がいる方が意図的でしか無いし他の星にも生命が居て当たり前。逆だったら捕まえるよね?夢はあるけど遠いなぁ。
こういった惑星に、草木の話しがないのが気になる。生命が存在する可能性があるなら草木もあって当然のような気がする。ちなみにUFO好きです。実際にみた事はないけど存在するとしてもグロテスクなのはやだな。ギズモみたいならいいけど。
現実味とか何光年とか言うけど、まだ光速マシーンも出来ていないし、出来てもそのスピードで何年もしくは何十年という旅行をしなければならないというのは現実離れしているのでは?地球外生命体の探査なら火星やエウロパを先ず調べなきゃ。。。