その死亡直後、北爪容疑者に心酔していた母親は周囲に「事故に遭った」「転んだ」などとかばう発言を繰り返していた。

 前橋市内で63歳の女が「悪魔払い」と称し当時1歳4カ月の城田麻雛弥(ますみ)ちゃんに暴行を加え、死亡させた傷害致死事件。県警は当初、目立った外傷ではないものの「転んでできるけがではない」「傷の付き方から見て外圧が相当かかっている」とみて長期にわたる捜査を行い、死亡から6年後、逮捕に至った。

何故信用する??????父親のコメントが、ずいぶん他人事。自分たちも暴行に加担したって意識あるのかな?殺された子はもちろん、上の二人のお子さんもかわいそう。洗脳ってこわいね
なぜ親は、逮捕されないのだ?共犯者じゃないか。悪魔払いと称して我が子が虐待されるのを目の前で見ていたのでしょうか。どんな気持ちで見ていたのか?正気じゃないですね。親が悪い。
もうお子さんはいない…父親は話できるくらい、マインドコントロールから抜け出したのかしら…母親はどうしているのか…お子さんのいない現実に、どう向き合っているのか…何があって、心酔したのか…多感なお子さんが2人もいたのに、何故”そこ”へ向かったのか…生きていればなにかにすがりたいときもあるし、黒歴史のない人はそうそういないと思うのだけど…夫婦2人で”そこ”へ向かってしまった…残されたお子さんたちが気の毒です…最初「ズンズン運動」の報道で何も学んでないのかよ……と思ったけど6年前でこっちの方が古いのね。大仰な名前付けてる所とか、身近な人間を特別なものと思いたい両親にも問題ありそうだけど……。