2部降格は東芝が良い方向に進むきっかけになり得る。

 原子力発電事業で7000億円超の損失を計上する見通しとなった東芝。3月末時点で債務超過に陥り、東証2部へ降格する可能性が高まっている。特設注意市場銘柄の指定は継続しており、不適切会計問題の“みそぎ”もまだ残る。

解散完全な多重債務者じゃないか何でも築くのは難しいが、崩れるのは一瞬。たった数人の経営陣が東芝を窮地に陥れた。西田と佐々木という三流経営者が東芝をダメにした。社員が可哀相
昔、東芝をベタ褒めしてた三菱の上司に見せてやりたいダメな事業をポンポン切って来た東芝が本当に切らないといけないのが経営者だった。原因も責任も明確にしないで切るのは経営じゃないよ延命するよりもスクラップ&ビルドで・・・と思ってしまうけど、それも簡単ではないのでしょうね・・・昔からの、他人まかせ体質の限界が来ただけ今まで、美味しい思いした役員さん良かったね
火消役が火がぼうぼうとなりかけないからね
「日本原子力学会 組織図・役員」aesj.net/about_us/soshiki_yakuinもちろん、東芝、日立、三菱の重役も絡んでマス。事故前は東電も。自分の地位の保身と金儲けのことしか考えていないんじゃん?原子炉の「火消し」が必要だろう。