宗教団体「幸福の科学」への出家を表明した女優の清水富美加(22)が法名の「千眼美子」名義でつづった告白本「全部、言っちゃうね。

 宗教団体「幸福の科学」への出家を表明した女優の清水富美加(22)が法名の「千眼美子」名義でつづった告白本「全部、言っちゃうね。」の出版から一夜明けた18日、内容を疑問視する声が上がった。 同書では2011年開始の「仮面ライダーフォーゼ」放送中、給料が少ない上に事務所支給の交通費が最低限だったため「タクシーが使えずヒッチハイクした」と記述。

出家するより病院行った方がいいねやはりデタラメ本だったか。給料って 社員だったら問題だけど
自分の行動を正当化するための誤った記述にしているのと違うか?最初は、同情してたけど、ここまで話が違うと同情どころか疑う。この子、大丈夫?出家するより病院で診てもらった方がよくないか?とうして宗教って、ここまで人をおかしくしちゃうんでしょうかね。それでも本人は「幸せだ」と思っているところがこわい。
「周りの他の事務所に所属している子からも言われるし、自分でも思うのは、仕事一個に対して『これ入れてもいい?』『体きつくない?』とか、二つの仕事が被っちゃったら『こっちの仕事を優先させても大丈夫?』とか、そういう細かい相談をしてくれる」って動画で言ってたのに…。どうぞ出家でもなんでもしてくださいって感じもう何が真実なのか分からない。本人とは別の人物が本を書いている可能性も高い。芸能界にもう戻れないでしょ。