「水着の仕事って言ったって、おかずですよね。

 宗教法人「幸福の科学」に出家し芸能界引退を表明した女優清水富美加(22)のインタビュー本「全部、言っちゃうね。」が17日、発売された。直筆と思われる前書きでは、仕事が残っている中で出家したことを謝罪。

もう芸能人としての好感度を気にすることもなくなったから言いたい放題ですね。あんたが洗脳されるのは勝手ですが、今までファンだった人のことを悪く言うのは人としてどうかと思う。
フォーゼで知って、その後活躍して応援してたけど……おかずにした事はない正直、そんな対象になる魅力はない品のない人だこと。なんか、悲しい人ですね。一般社会で仕事をしたとしても、うまくはいかなかったと思います。何にせよ感謝のできない人は哀れだね。これからはけっこう信者もおかずにすると思う。
芸能人とかって性の対象になってなんぼじゃないの?じゃなぜ芸能人になった?好きなことだけやって食べていける甘い世界だと思ったのか?少しくらい感謝してもいいと思う生命の危機になった人の発言とは思えないね。
騒ぎ立てるからいつまでも注目されると思うわけで、もう死にたいくらい嫌だった仕事から離れる道を選んだ人には触れなくていいんじゃないでしょうか。お金の大切さを知ってたら、たくさんの仕事を放り出すなんてできないし、5万が不満だの言えないと思うし、宗教でもなんでもいいけど、そういう教えはないんですね。っていうか、病んでたら入院とかが先なんじゃあ…