・勝者:スイフト

1~1.5リッタークラスのエンジンを搭載する割安なコンパクトカーは、もともと日本の交通環境に合っていたが、近年ではその重要性がさらに増している。安全装備の充実や環境性能の向上もあり、クルマの価格が全般的に高まったからだ。

個性が違う2台。自分の生活スタイルにあった車を購入するのが良いと思う。
走行性のと安全性を重視するならスイフトそれ以外であればフィットこの二択を迫られたら私ならスイフトを選択します。やはり車は「走る凶器」ですから。フィットは若者ファミリーカー、スイフトは若い独身男性が持つデートカーって感じがする。最新型とあと少しで型落ちになる車。比較の対象にはならない。
実用性でフィット勝利ってねぇ、なら比べる必要もないだろう、パッケージングが違うのわからんのかな?対フィットで有ればノートを比べるべきだろ、スイフトならデミオ比較でしょうにスイフトのタイヤは185/55どう考えても実用性重視じゃないでしょ。用途の違う車比べて勝った、負けたって・・・スイフトが良い。特にあのCM。
全体的にはスイフトが良いけどブレーキのタッチが最悪の使い辛さ。効けば良いってもんじゃないでしょ。いきなりガツンはストレス溜まる。と言う事でフィットかな。