国籍別では中国が最も多34万4658人で全体の31.8%を占めた。

 厚労省が27日発表した昨年10月末現在での「外国人雇用状況」で、労働者が108万3769人と前年同期に比べ19.4%の増加を見せ、雇用対策法で外国人労働者の雇用管理の改善などを目的に全事業主に外国人労働者雇入れ・離職時に氏名、在留資格、在留期間などを確認し厚労大臣(ハローワーク)に届け出ることを義務付けた平成19年の制度開始以来、過去最高になったことが分かった。

余所者に頼るのはよくない。ブラック企業が完全になくなれば就職する人が増えるんじゃないか?日本人の若者が 少なすぎるため 外国人を 採用してる。後継者不足も 深刻。
外国人雇用を増やすのはもってのほか。むしろ今は日本人雇用を増やし、完全雇用に近づけることが先決。政府がやってることは安い人件費の確保でしかない。これではデフレ脱却は不可能でGDPの増加は見込めない。
日本は受け入れる力はあるものの移民国家ではない。このまま、増えて言ったら、日本の伝統・文化は都合よく破壊されていくだろう。エクサスケールの衝撃を見るか、一読するかすれば近い将来、むしろ必要なくなってくることがわかる。これで第4次産業革命が起きるのは確実。もっと日本人を雇うべきでは?外人雇用が過去最高でも中国人はどんどん切り捨てされてる
日本人でも働いてない人は多い。なぜ働かない?って思うけど個人の自由。しかし生活保護みたいな寄生虫でいいのか。本当に必要な方には援助します。