全国知事会で沖縄の負担軽減を議論する研究会も設置され、何を期待するのかも聞きたかった」と話した。

 地方政治へのマニフェスト普及を目指す市民団体「ローカル・マニフェスト推進ネットワーク九州」(福岡市、神吉信之代表)が沖縄を除く九州7県の知事に「沖縄の米軍基地に関するアンケート」を実施し、4日までに全知事から回答を得た。

合理的に冷静に考えて 違和感のある物事には必ず裏があり 隠された真実がある何したいんじゃ?目立ちたいだけかな。森本敏が普天間の移設は九州の南西なら可能と言っていた。
全体で議論して沖縄以外の回答が出る可能性がほぼない。プロ市民は、日本人ではないのだから。国民全体で議論して、沖縄に決定した時、従うんだな。
沖縄県民だけの問題ではなく、国民全体の問題。まあ、それでもいいでしょうが、正確には、沖縄本島及び伊江島住民の問題ではなく、国民全体の問題です。と、いう訳で、沖縄本島及び伊江島住民の声だけ聞いていれば良い訳ではないということですね。となると、沖縄本島及び伊江島住民の住民エゴは許されないということになりますね。まったくそのとおりだと思います。
そもそも基地問題というが、基地の何が問題なのか国家安全保障の見地から踏み込んだ議論はなにひとつ行われず、感情論と共産主義思想だけをもって知事と地元新聞が極左暴力集団のテロリストを支援し法律を無視して暴走している。いかなる理由であれ国民を危険にさらす利敵行為を県知事がすることは決して許されない。