健康調査と甲状腺検査は自主参加であるべきである。

 東京電力福島第一原発事故の健康影響を調べる福島国際専門家会議の組織委員会は9日、福島県に県民健康調査の甲状腺検査の課題解決に向けた提言を行った。9月の会合で出された「甲状腺がんの増加が原発事故に起因するとは考えられない」などとする専門家の評価を踏まえ、国際的知見を参考にした検査の今後の方針の決定、検査を受けた人や家族への説明、ケアの充実などを助言した。

※【法令基準】は1ミリシーベルト/年であるが、与野党は【避難基準】を20ミリシーベルト/年に違法的に改悪した(憲法13、25、99条に抵触? 国連が改善を要求している!)1、20ミリシーベルト/年以上の区域は除染しても線量が下がらず、【再除染】を中断した地区もある?2、5~20ミリシーベルト/年の区域は【賠償金】を削減するため[避難区域]にも指定されていない!3、1~5ミリシーベルト/年の広大区域は放棄して【自冶体】に丸投げしている!※【低線量被曝】は[短期的には無害]であるとしても、[長期的には有害]である?※【被爆】には[閾値](いきち)以上での【確定的影響】と以下での【確率的影響】があり、癌などを発症する確率は[被爆総量]に左右される?※[目に見えない][匂いもない][すぐ分からない]、然し『確実に蝕まれている』ことを忘れてはならない? 利権が【隠蔽】【偽装】をしている?