稲嶺市長は「辺野古も高江も(建設を)止めることを誓い合うきょうの日でありたい。

 【名護】米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設の準備が進む名護市辺野古の松田ヌ浜には1日朝、初日の出を見ようと各地から約250人が訪れ、新しい気持ちで新年を迎えた。午前7時20分、雲の向こうから日が昇り、光が真っすぐ浜に差し込むと拍手が沸き起こった。

政府の正当性や妥当性を説明する責任が報道にはあると思うが、市民といわれる人々の意見のみが報道されるのはいかがなものなのでしょう
写真の構図が悪いなぁ。もう少し雲間に太陽入れなきゃね「旭日旗」に見えんだろう、琉球新報もセンスないな。星の方がいいのかな?、五星の。テロリストの決起会合みたいだなそのジュゴンはそこの定置網に絡まって絶滅寸前になった事を忘れないで他にやること無いんかいな。ジュゴンも寝てるよ(笑)
判決には従わない、という決意ですか?とても自治体の長とは思えないですね。おめでたいことですな嫌いなはずのライジング・サンに祈ってどうするんだろう?
意味が分からん・・・沖縄の行政はジュゴンを守るために何をしてきたのか?人工海岸を作ったり、港を作ったり、川から土砂が流れ込んだり、島の開発のために海を汚してきたのは、誰か!?高江の工事はもう終わっているのに、何を止めるつもりなのか。