欧州で人気の高いスタイリッシュSUVというジャンルに乗り込んできたニューモデルは、今売れている日本車とは一味違ったこだわりをもって作られていた。

 11月からウェブで先行予約が行われてきたトヨタの多目的スポーツ車(SUV)「C-HR」。欧州で人気の高いスタイリッシュSUVというジャンルに乗り込んできたニューモデルは、今売れている日本車とは一味違ったこだわりをもって作られていた。

どう見てもカッコよく見えない。トヨタのデザインが30年前の未来のデザインになって出たときから古臭い。もう飽きた。プリウスよりはマシだろうけど、これが日本の車って言われるのなんか嫌だわ。
元々軽に乗ってる人からすれば十分広いと感じるだろうし、ミニバンとかに乗ってる人からすれば窮屈に感じるとは思う。デザイン云々は別として普段1人か2人しか乗らないのならありじゃないかと思うけどな~元々トヨタはRAV4とレクサスRXでクロスオーバー市場を開拓してきた先駆者だけど、こういうクーペチックなタイプは手つかずだった。確かに見た目重視のこれが売れれば実用一辺倒の市場が活性化するかも。
へえ~って思うけど。購入するまでいかないかな。デザインはやっぱ最近のトヨタだなって思うただ、斬新すぎて好みがハッキリ出そう。欧州の車のような洗練差は無いかな…
奇抜だとは思うけど、クルマとしてカッコいいかと言われると・・・。あとは実質2シーターの需要がどこまであるかだね。