日本で発売された香港G1の4レース売上総額は38億2070万6800円。

 日本で発売された香港G1の4レース売上総額は38億2070万6800円。過去最多日本馬13頭が参戦、時差もそれほどなく、後半2レースは日本のレース終了後…。好条件がそろい、かなりの売り上げが期待されたものの、海外馬券発売第1弾となった10月の凱旋門賞1レース分の売り上げ41億8599万円をも上回ることができなかった。

現地で人気の馬が、日本では人気薄とか。また逆もしかり。馬券的にはかなり面白い。
牝馬2歳もカペラも 結果1.2.3番人気で決まったら面白くもなんともねーよな(´・ω・`)そんな組み合わせ賭けても楽しみないし香港の最終メイン買う気失せたわ(´・ω・`)これからだと思いますよ。JRAとしては、一日に複数のG1を開催するのはやっぱり止めようってなるでしょうね。凱旋門賞が売れすぎただけでしょ。当初、凱旋門賞の売り上げは5億ぐらいって言ってたはず。
テレビで中継してほしい3場開催して、同じ時間でレースされれば手が回らない嫌なら前売り発売すれば?資金云々の問題じゃないでしょそもそも夜に考える時間がたっぷりあった凱旋門賞と比べるのがナンセンス。
詳しくわからないけど、賞金や施設(競馬場の維持費や費用)が掛からないので、売り上げ減ってもいたくはないのでは?もっと増やしたかったら、競馬場でも売れて、競馬場でみんなでモニターを見てみんなで盛り上がらせればいいと思う。職員の人の帰り等が遅くなってもトータル的には残るのでは?