雇い止め離職者の給付日数を倒産・解雇の離職者と同じ90~330日に拡充する暫定措置は21年度まで5年間延長する。

 雇用保険制度の見直し内容が8日、決まった。 うち失業手当の給付日数は、倒産・解雇で離職した人の一部や有期契約が更新されない雇い止めで離職した人を対象に拡充する。労働者側が強く求めた自己都合で離職した人の給付拡充は、使用者側がモラルハザード(倫理の欠如)を助長すると反対し、今回も見送られた。

そもそも解雇なのに自己都合にさせられる危険性はないの?
会社からのパワハラ等で辞めさせられても、辞表には自己都合じゃないと受け取ってもらえないのが現状。組合もない零細企業じゃこれが現実。良いように使われてポイ捨て。
ありがたい話ではあるんだろうけど、一時的なだけかと40歳過ぎてからの就職活動、長くとも2ヶ月で決まらなければもうずっと決まらないような気がする・・・そんなことより、仕事を提供するとか、企業は40歳以上を雇ったら優遇されるとかにしないと一般的な定年まで仕事に就くのは難しいと思うこれホント経験した事なんだけど、会社側が自己都合で辞めて欲しくて、めっちゃスタッフをイジメていたんだけど…政府はそういう事があるって知らないんだろうね…
なかなか失業手当を貰うのにハードルが高い。実質解雇なのに会社は自己都合に持って行く。
その昔、ある会社で勤めていた際、仕事を与えられず干され、ほぼ解雇となっと事があった。その時の雇用主が『解雇だと経歴に傷がつく。自己都合にしてやるから、ありがたく思え』と言ってきた。当時は若く何も知らなかったから、感謝して自己都合にしたけど、今思えばとんでもない話だった。こう言う雇用主、結構いるんじゃない?