首相は会合で「正規と非正規の賃金差は特に大企業で顕著であり、是正する必要がある」と強調した。

[東京 29日 ロイター] – 安倍晋三首相は29日、官邸で開いた働き方改革実現会議で、「同一労働同一賃金」の実現に向け、次回会合で政府のガイドライン案を提示する考えを示した。首相は会合で「正規と非正規の賃金差は特に大企業で顕著であり、是正する必要がある」と強調した。

有言実行大いに結構だが身を切る改革はどうした?なんか本文と関係ないコメが多いですが、労働に対する対価が違うのは、やはり説明できないですね。
安倍さんは、企業に要請するだけでなく、企業がそう出来る環境作りに励んでください。そうすれば、要請されなくとも企業が自主的にそうする……かもしれません。賃金up についても同様。正規と非正規の賃金差は特に大企業で顕著であり、是正する必要がある↑問題はどちらの水準に合わせるのか正社員どうしでも、総合職と一般職で区別が合法なのに、派遣や臨時と正社員が同じになる訳が無い。
同一労働同一賃金をまとめるには歩合制しか無くなるな。
まずは、「同一労働同一賃金」の定義を明確に定義しましょうね。家族手当や住宅手当も含めるのかな?基準給も基本給や職務手当など複数で構成されている。お客様社員で、出社しても一日中応接室でボケっと過ごしていただけの安倍晋三には解らないかな?