今回の選挙から、民主主義の意味をあらためて考えてみます。

 米大統領選が10月8日(現地時間)に行われ、共和党のトランプ候補が当選したというニュースが世界を駆け巡りました。【写真】「反トランプ」に肩入れしすぎた?米メディア 自国しか見ない米国人 トランプ氏の失言・暴言だけでなく、その過去の女性スキャンダル、そしてクリントン氏の私用メール問題や健康不安など、今回の米国大統領選挙は史上まれにみるほどのスキャンダルとネガティブキャンペーンに彩られたものでした。

こういっては何だけど日頃から「民主主義を守れ」とか言ってるような人たちに限ってルールに沿って決まったことを 受けいれないように思うデモや抗議の自由はあるけど 冷静に考えて欲しいよね 
この著者こそが現代民主主義を否定しているように感じる!この結果がアメリカ国民の民意なわけで・・・俺個人としては、良くも悪くも非常に楽しみですね
ヒラリーは富裕層ばかり見て、貧しい人や困っている人を無視した。でも、トランプはそうじゃなかった。メール問題なんかで負けたのではないと思う。口は悪いけど、トランプの方が好きだ。
失敗が無い制度があると仮定すれば、民主主義は完璧ではなく、間違いも起こる制度といえるでしょうね。でも、その他の制度に比べれば、まだマシじゃないかなぁ。民主主義であれば、間違えた場合に是正できる可能性もあるし。当選しただけで抗議デモはよくないですね。投票を棄権して結果に不満でデモ? 若者の投票率が最低だったらしいが4年待つしか無い。