首相はじまったな

 安倍晋三首相は在任中の憲法改正を目指し、巨大与党を背景に、発議に向けた機運醸成を図る方針だ。しかし、その舞台となる国会は、各党の思惑が入り組んでおり、発議に至る道筋は平たんではなさそうだ。 ◇熟柿を待つ

改憲=9条みたいな風潮があるが、9条以外にも改正した方がいいところもあるんじゃないか。私も改憲すべきなのは9条以外にもあると思う。改憲の為の改憲では無くきちんと時代に合ったものを作って貰いたいです。
時代に合わせて変えるべきところは変えた方がいい。党利党略ではなく政策本位の議論をしてほしいまだまだ先の話だけど、総ての国会議員で、党議拘束をかけずに、採決してほしいです。
昔の常識が、今は非常識になっている部分が多いので、9条その他、民法もそうだけど、時代に沿った内容に作り変えるべき。他人が作った法は、この国の実情を反映していない。それを守ったところで、なんの益もない。戦争は、絶対だめ   ではなく   戦争にならないようにしようが正解のような気がする。時代に応じて全てが変化するということはない。何を変化するかというのは、政治の利権でなく広い世代から検討すべき。
時代にあってない記述が憲法にあるのは分かるけど、「改憲すること」が話の中心になってるし出てくる改憲案は「何考えてるの?」ってなのばっかり。よく思うけど政権の取り合いとか党の利益だとかじゃなくてちゃんと国や国民の生活を良くするための方策を議論してよ。そりゃ政治に興味なくなる人多いわ。