新時代のJ

11月3日に行われた最終節をもって、2016年のJリーグ1部リーグ(以下、J1)が終了しました。まだ年間日本一を決めるチャンピオンシップが残っていますが、公式戦は全て終了です。その最終節の注目は、J2(2部リーグ)への降格チームがどこになるかでしたが、最終戦に敗れた名古屋グランパスエイトが、初の降格という屈辱を味わう結果となりました。

ピクシーがプレーしてた頃が 良かったなぁ。鯱。
確かに資金がありすぎるゆえ、選手や監督を選定する眼力が養われず、フロントも「大型補強したから大丈夫だろう」ってタカをくくってたのも大いにあると思います。だから、資金縮小は長期的にみても賛成。大幅な減俸とかしないで、しっかり主要メンバーを繋ぎ止めて監督事情もクリアにして来期に向けてちゃんとやれば、1年で戻ってこれるとは思うからグランパスには頑張って欲しいね。
オリジナル10で、降格しても翌年に戻ったクラブの大半は選手の移籍が殆どなかったようにおもう。
試合見てたけど、何であんなにやる気ないの???FWの足早い子と闘莉王と、もう一人の外人以外は、ダラダラやってた感じ。パス繋がらない、ボール取りに行かないし、シュートまでもってかない。格下(J2)に遊ばれただけじゃん。グランパスって、こんなに弱かった?あんな試合してたんなら、降格して当然。そら生活のためサラリーの件は重大ごとだけども、降格して即移籍とかする選手はもともとクラブに対する愛情とか思い入れなんか皆無なんだろうな、とは思うけどね…。
このチーム甘え過ぎ!トヨタグループの大幅出資削減を希望します。それではい上がってくれたら、真のJ1だと思う。当然小倉みたいなあほを監督にしたフロント入れ替えの上だけど。